About Therapies
泉動物クリニック の診察室
 

TOP

治療案内

TOP

当院では現代医療以外にも「☞ホモトキシコロジー」や「☞酸化療法」と呼ばれる治療法などを行っています。

これらの治療法は特に人の場合においては、ドイツを初めとする欧米では比較的盛んに行われており、どれも実績のある治療法です。

そのどれもが副作用が少ない治療法であり、動物の体に対してあまり負担をかけずに治療可能であることが特徴です。


ただ残念ながら、ホモトキシコロジー及びオゾン療法等の補完代替医療は正式な医学としては認められていないのが現実であり、またその効果についても懐疑的な人達が存在していることも事実です。現代医療においてはエビデンスと呼ばれる治療の有効性についての科学的根拠がベースになっていますが、補完代替医療においてはその多くがそのエビデンスに乏しいとされているからです。
しかし実際には症例によってはその効果が認められるているものも少なくなく、その全てが無視できるものばかりではありません。そもそもテーラーメイドな意味合いの強い補完代替医療は、同じ病気でも体質によって薬剤や治療法そのものも異なることが多く、通常の医学的なエビデンスが得られにくいと考えられます。しかも実施する施術者によって治療効果に大きく差が出ることもその評価を困難にしているとも言えます。


とは言え、実際の臨床現場の現実を考えた時、罹患動物の病状によっては現代医療での治療が不可能であったり、また慢性疾患の多くに見られるように、その効果が乏しく有効な手段がなかったりすることも少なくありません。中には現代医学の治療そのものによって動物の体に負担がかかりすぎると考えられる場合や、あるいは飼い主さんの希望もあったりと、必ずしも全ての症例において現代医療が適用になるとは限りません。

こうしたケースでの補完代替医療の適用は、もちろん現代医学に完全に取って代わるものではありませんが、それまで打つ手がなかった症例においても治療の選択肢として十分意味のあることだと私たちは考えています。


また、現代医学を含めたどんな治療法も、それ1つのみで全ての動物に対して同じ効果が得られるわけではありません。

同じ病気と診断された個々の動物でも、いざ治療してみるとその反応にはそれぞれ個体差があります。

つまり動物によって最適な治療法は必ずしも一致するとは限らないために、実際の治療ではその動物に合わせた治療法へと変えざるを得ないことあり得るわけです。

実はこうした違いを見極めることが獣医師として大変重要なことであると当院では考えます。

当院が現代医学だけではなく、ホモトキシコロジーをはじめ酸化療法などの複数の治療法を採用している理由としては、複数の治療法から選択又は組み合わせることが出来れば、個々の動物に合わせたテーラーメイドな治療法が可能になると考えるからです。


以上のことを踏まえ、当院では現代医学的治療をベースにしつつも動物に対して可能な限り治療の負担を軽減し、QOLを重視した統合的な治療を実践していきたいと考えています。


現代医学的治療だけでは癒しきれない慢性・難治性疾患においても、お手伝いできることがあるかもしれません。

諦めずにご相談下さい。どうすれば最善な治療が可能なのかを一緒に考えていきましょう。



当院で実施可能な主な補完代替治療法:


  1. ホモトキシコロジー(Homotoxicology ; Anti-Homotoxic Therapy : AHT)

  2. オゾン療法(OZONE Therapy)

  3. 血液紫外線照射療法(Photobiological Therapy)

  4. 漢方薬

  .........etc.


 当院で行っている治療法について

OZONE Therapy

Homotoxicology

Photobiological Therapy