For Cats
泉動物クリニック の診察室
 
 

猫風邪の原因として最も多いのはウイルスです。 非常に感染性の高いウイルス感染は他の罹患猫からによるものが多いのですが、しばしば急性の流涙、結膜炎、くしゃみ、鼻水、発熱を伴います。

食欲や元気が無くなることもあり、軽いケースでは自然に回復することもありますが、慢性型の特に急性増悪のケースでは、存在する細菌によって膿性鼻汁、咳と喉頭、喉頭、副鼻腔、口内の炎症、舌の潰瘍を伴うことがあります。また仔猫の場合は重い肺炎を起こすことがあります。

このように猫風邪はウイルスと一緒に細菌などが複合感染を起こすことが多いために、症状が長引くことも多く、慢性型では治療が難しく長期に渡る場合が少なくありません。

しかし猫風邪は、生物学的治療によって改善が期待できます。ホモトキシコロジーの薬剤は、一方では症状を緩和する効果がありますが、他方では関連するウイルスや細菌と戦う自己防御システムを補助する働きがあります。また薬剤は忍容性が高いので猫の飼い主にとって扱いが簡単で、また弱った猫の体にとっても負担になりません。より長い期間治療が必要であるならば、自宅で続けることも出来ます。

 
 風邪

風邪

DOGS
CATS

TOP