What's Bio-Oxidative Therapy?
泉動物クリニック の診察室
 
 

酸化療法とは、酸化ストレスを生体に対して害の無い形で与えることによって、安全かつ効果的に抗酸化力を強化していく治療法です。

酸化ストレスを与えると言うことがどういうことかというと、具体的には活性酸素を生体内に与えることです。

しかしここで誰もが「えっ?」と不思議に思われるはずです。


現在、人の世界では統合医療やアンチエイジング医療として、日本では活性酸素を消去する抗酸化という方法が一般的です。

酸化作用を引き起こす代表的な「活性酸素」と呼ばれる物質は、現代人のライフスタイルにおいては過剰に生じがちなために、その過剰に生成された活性酸素によって細胞を傷害し、老化を早めたりがんを引き起こす原因とされています。

動物医療においても同様で、「酸化」=「悪」という名の下に、「抗酸化」というテーマで盛んに食事療法やサプリメント選び、生活習慣の在り方などが議論され、また紹介されています。


なのにわざわざ体にその活性酸素を与えるとは、一体どういうことなのでしょうか?


確かに過剰な活性酸素は生体に対して害ですが、少量であればむしろ良い効果を生み出すことがあります。

酸化療法にはオゾン療法などの様々な種類がありますが、おおよそ共通してみられる具体的な効果としては、SOD等の増加による抗酸化力の増強、末梢血流量の増加、特に虚血部位の酸素化の上昇、サイトカインの放出による免疫機能の増加、炎症の鎮静化、などがあります。

このことは 世界中の研究者達によって検証がなされており、臨床的にも活性酸素を生体内に適切な量を投与することによって、生体はかえって抗酸化力がつき様々な病気に対して治癒効果が認められることが多数の研究から確認されています。


こうした酸化療法は人医界においては、特にドイツやアメリカでは非常に盛んで多くの臨床例が報告されています。米国の統合医療や補完代替医療の代表的な学会ACAM(米国先端医療学会)には同名の講座があり、学術総会の時には必ずプログラムに組み込まれている必須項目であり、多数の専門家が実際に臨床で使用している、米国のCAM医療(補完代替医療)では一つの確立された分野になっています。

現在の所日本では残念ながらまだまだ少ないのが実情ですが、それでも最近ではオゾン療法を中心にこの酸化療法を実施する動物病院が徐々に増えつつあるようです。

こうした酸化療法は病気の治療はもちろんのこと、予防医学においても応用可能なので、高齢の動物においてもその適用は広がります。通常の薬物治療と違って自己血液を使用するこの酸化療法は、正しい使用法で用いる限りにおいては高齢の動物でも安全に実施できる治療法の一つであると考えられます。


酸化療法は色々な種類がありますが、オゾンを媒介とするオゾン療法、血液に紫外線を照射する血液バイオフォトセラピー、H₂O₂を点滴する方法、などがあります。

この内、当院では「血液バイオフォトセラピー」が実施可能です。

さらに当院ではこれらの治療と共に☞ホモトキシコロジーなどの治療法とも併用可能なので、治療効果を更に高められることが期待でき、このことは治療の幅を更に広げられることにも繋がります。


ただし酸化療法は、体質的に合わない場合があり、実施前に検査を必要としますので詳細は当院にてお尋ねください。


(日本酸化療法研究会のHPより許可を得て一部引用して掲載しています。)

 
 酸化療法とは

TOP